INTERVIEW

インタビュー

ドン・キホーテグループとしての膨大なスケール感と
ベンチャーとしての挑戦ができる環境が魅力

  • 営業統括部
  • 窪井英輔
  • 2014年入社

あなたの経歴は?

新卒で家電メーカーへ入社し、家電量販店の営業や本部商談を経験し、その後企画部へ異動。企画部では販促企画や社内、社外の商品研修に従事していました。
家電メーカー退職後は、人材派遣会社の営業として法人営業を経験し、2014年6月に(株)リアリットへ営業職として入社しました。

リアリットを選んだ決め手は?

ドン・キホーテというスケールメリットを活かしながら、商材を販売していく事に多くのメリットを感じ入社いたしました。
また、求人媒体を拝見した時に感じた【長期的なビジネスプラン】と面接官から感じたプランに差異が無かった事も大きな決め手となりました。

現在の担当業務/部署での自分の役割は?

窪井_本文02.jpg

現在はドン・キホーテの販売データ(POSデータ)を、グループ会社とお取引のある企業様へ販売させていただいております。 
お取引企業様との商談はもちろん、部署内の様々な企画や運営、各リテールとの折衝など幅広く業務に携わっております。

仕事後や休日の過ごし方は?

社内全体に共通する事ですが、仕事に対して常に効率を考えて行動をしてますので、無駄な残業はほとんどございません。
業務終了後は、仲間内でお酒を飲み交わすこともあります。
休日には、役職の上下に関係なくスポーツを楽しむ事も多くあります。

会社/部署自慢はありますか?

1つのセクションが少人数の組織だからこそ、努力の見返りは大きいと感じます。
ドン・キホーテグループとしての膨大なスケール感と、ベンチャーとしての挑戦ができる空気が同居しています。

どんな人に合う会社?

常に効率を求め、業務に従事できる方にはピッタリな会社ですね。

新規事業やプロジェクトを任された経験はありますか?

入社2年で現セクションのリーダーを任せていただいております。
今後は自分が上長に教えていただいたドンキイズムを後輩に継承できれば、今以上に素晴らしい組織になると考えております。

動画メッセージ

動画を見る