INTERVIEW

インタビュー

短納期・難解な案件も、
周囲と協力しながら進められる心強さ

  • システム開発部
  • 奈良義教
  • 2013年入社

あなたの経歴は?

システム開発会社に入社し、そこから某大手SIerに出向して銀行系、地図情報、及び不動産情報の基盤構築及び運用を実施しておりました。
その後ドンキグループの日本アセットマーケティング(以降JAM)に入社し、不動産サイトの運用をメインで行っておりました。

リアリットを選んだ決め手は?

JAMの不動産サイトを運用しているときに、ドンキグループのシステム関連部署で約半年間打ち合わせを実施し他部署の方とやり取りなどをしているときに、想像していたよりリアリットの皆さんの技術力が高く、とても難解な作業をいとも簡単に行っており、その難解な作業の説明がとても丁寧でわかりやすかったため、JAMの不動産サイトを閉じるときにリアリットのみなさんと一緒に働くことを決めました。

現在の担当業務/部署での自分の役割は?

リアリットのサービス構築や運用にとどまらず、ドンキグループのシステム基盤、システムセキュリティ構築、及び運用のための監視などをドンキグループの他の部署と連携して行っております。

仕事のやりがいはなんですか?

奈良 _本文01.jpg

ドンキグループのサイトであるため、急速で画期的で難解な要求をされることがたまにあります。
ですが、難解な作業でも論理的思考で「どうしたらできるか」を追い求め、一人で難しい場合は周りの手を借り、予定期間内になんとか終わらすことが出来ると、要求された方は喜ばれるため、達成感を得られます。

前職と比べて変わったこと/良かったこと

ドンキグループならではのお店・商品・顧客を意識した催し(ハロウィン企画やクリスマス企画など)が短期間で開催され、他のシステム会社にいた時には味わえない楽しみが、まさにドンキグループならではと思います。

休日は何をして過ごしていますか?

休日はリアリットだけではなく他のドンキグループの方々含め、不定期にフットサルを行っております。
仕事を抜きにボールを追いかけ、皆さんと汗を流すことができると、日頃の運動不足とストレス解消になります。

新規事業やプロジェクトを任された経験はありますか?

ドンキグループのコーポレートサイトのリニューアル案件があった時に、担当を任され実施しました。
リニューアル当初はサイトが非常に重く困っておりましたが、運用しながら改善を実施し今では数倍の負荷に耐えられるようになりました。

動画メッセージ

動画を見る